So-net無料ブログ作成
甲斐路・津久井路 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

札所巡り ⅩⅩⅩⅣ [甲斐路・津久井路]

 第参拾五番札所  亦野山 實相院

相模原市緑区又野地内
津久井の街並からやや離れた林の中です。
近隣には10番札所、11番札所も在ります。
黄葉が舞い散る銀杏の樹に囲まれていました。
境内正面には時を感じさせる本堂、右手に薬師堂がある。
其処此処に石碑なども在り楽しめます。
1400年代の開山とされる。
高野山真言宗。
無住。

PC020168s.jpg
PC020170s.jpg
こんな所です
PC020176s.jpg
PC020178s.jpg
石段を登ります
PC020182s.jpg
本堂
PC020194s.jpg
PC020196s.jpg
境内の様子
PC020185s.jpg
薬師堂
PC020183s.jpg
PC020179s.jpg
PC020175s.jpg
PC020174s.jpg

「津久井観音霊場」なる幟旗や看板が目に付きましたので、

その佇まいを訪ねてみました。

 

基本的資料は「津久井観音霊場札所ガイドブック」

津久井観音霊場札所会発行H19年版に依ってます

久しく塩漬けになっていたため変わってしまった部分も有るかと思います。

 

*

*

 

 

 

nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

札所巡り ⅩⅩⅩⅢ [甲斐路・津久井路]

第参拾四番札所  行壽山 宗安寺
 相模原市緑区三ケ木 国道412号沿い、
中央小学校入口標柱に寄り添うように 宗安寺入り口看板が在りました。
 本院は1800年代の創建と云われますが関東大震災で倒壊、
以来仮本堂で過ごしてきました。
その後本堂再建が計画され、 平成20年に完成落慶法要が執り行われました。
 無住の寺の本堂を再建する、そんなに数多いとも思えない 檀信徒の熱意には敬服します
 本尊は釈迦如来であるが、真言宗寺院であるから内陣中央には 大日如来像が安置されているそうです。
次回開帳までには霊場本尊、観音菩薩を建立開眼予定とのこと。
ぜひそうなって欲しいもので

P2100786s.jpg
入口です
P2100791s.jpg
本堂
P2100788s.jpg
P2100789s.jpg
 

「津久井観音霊場」なる幟旗や看板が目に付きましたので、

その佇まいを訪ねてみました。

 

基本的資料は「津久井観音霊場札所ガイドブック」

津久井観音霊場札所会発行H19年版に依ってます

久しく塩漬けになっていたため変わってしまった部分も有るかと思います。


*

*


nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

札所巡り ⅩⅩⅩⅡ [甲斐路・津久井路]

第参拾参番札所  長竹山 来迎寺


相模原市緑区長竹。
国道412号長竹三叉路近く、休止中のガソリンスタンド(改装?廃業?)
脇にに看板を発見。
工場などが散見される地域です。 1300年代の開創とされてますが再三の火災などから詳細は不詳。 臨済宗寺院とのことですが、寺号からして本来は浄土宗だったかと推察されます。
本尊は、阿弥陀如来との記述と観世音菩薩とするものがあります。
当初は三十三番札所は津久井観音霊場結願の寺であったわけです。
推察するにかってはそれなりの格のある寺院とみていいでしょう。 両側の参道の沿って墓地があります。
新しい墓石に混じって古い石塔が散見されます。
境内左奥には、歴代住職のものと思われる卵塔場や夥しい無縁墓石が見られます。
江戸期の飢饉の頃のものと云われます。
現在は無住。

P1240703s.jpg

ここが入り口
PA264243_R.jpg
P1240707s.jpg
参道です
PA264227_R.jpg
本堂。民家を移築したものと云われます
P1240710s.jpg
PA264256_R.jpg
境内右側
PA264247_R.jpg
石を組んだ築庭と思われます。
PA264250_R.jpg
境内左奥、六地蔵の裏には古い墓地がある
PA264230_R.jpg
子供の無縁墓石
PA264267_R.jpg
六地蔵 基部の年号は読み取れませんでした
P1240709s.jpg
石碑 よく判りません。

「津久井観音霊場」なる幟旗や看板が目に付きましたので、

その佇まいを訪ねてみました。

 

基本的資料は「津久井観音霊場札所ガイドブック」

津久井観音霊場札所会発行H19年版に依ってます

久しく塩漬けになっていたため変わってしまった部分も多いかと思います。

 

*

*

 

 


 

nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | 次の3件 甲斐路・津久井路 ブログトップ